iOSシミュレータ8でのアプリ内ファイルの保存場所

XCodeを先日正式リリースされた6にアップデートしたことでiOSシミュレータもバージョン8になったわけですが、アプリ内ファイルの場所が変わったようです。(NSUserDefaultsで保存される設定とか)

iOSシミュレータ7(XCode5付属)でのアプリ内ファイル保存場所

 

iOSシミュレータ7(XCode5付属)でのアプリ設定ファイル保存場所

 

これがiOSシミュレータ8では下記のように変更

iOSシミュレータ8(XCode6付属)でのアプリ内ファイル保存場所

 

iOSシミュレータ8(XCode6付属)でのアプリ設定ファイル保存場所

上の、「バンドルID」はXCodeの「Bundle Identifier」で設定したIDですが、「何かのID」は4CAEA00B-5A1E-42AE-A03C-CF7D33FCE03Aというよう固有のIDで、この番号からアプリを推測することは出来ません。

iOSシミュレータ7では名前がアプリ名になっているファイルが置かれていたので手で探す事もできたのですが、iOSシミュレータ8ではそんな親切なファイルは無いようなのでターミナルからfindコマンドで探し出すしか無さそうです。

もっとスマートな方法はないものだろうか…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください