Jenkinsをインストール

最近よく話題に上がるCIツールのJenkins。
(ContinuousIntegration = 継続的インテグレーション)
個人的にはGUIで使いやすい高度なバッチ処理?のように思っていたのですが、実際に使ってみないとどんなものか分かりません。ということでまずはインストール。

私の環境はMacOSXなのでhomebrewを使います。
まずはjenkinsのパッケージを確認

homebrew本体が古かったようなので本体をアップデート

本体が無事アップデートできたところでjenkinsをインストール

問題なくインストール完了。
jenkinsはjavaで動くので下記のようにして起動します。

Webブラウザからローカルホストの8080ポートにアクセスして画面が出れば成功です。

jenkins管理画面

見るからに使いやすそうな画面!
これは期待が高まります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください